英会話スクールを利用して、英語を話す力を養いましょう。

英語が話せる、理解できるようになれば、世界はもっと広がりますよ!

リスニングはどのようにして学習すれば良いのか

英語のリスニングってどうしたら良いのでしょうか。

実は英語の発音と日本人の発音は大きく異なり、またリズムも違います。特に、日本人には難しい発音もあり、それを自然とカタカナで読んでしまう為、どんなに英語を勉強してもカタカナで英語を覚えてしまえば、ネイティブには通じませんよね。耳でしっかりと英語を勉強しないとリスニングは上達しません。では、どのようにリスニングの学習をすれば良いのでしょうか。 リスニングをする上で大切なのは、ネイティブスピーカーの話す事を聞くと言う事です。日本人でも英語の上手な人は多いです。ですがネイティブスピーカーの人の発音にはやはり違いが出てきます。一番良いのは、英語の教材を使ってリスニングをすると言う事です。リスニングをする時は、何を話しているのかその内容が書かれている全文を用意しておきましょう。最初のうちはネイティブスピーカーが話している内容を聞き取る事が出来ないでしょう。

ですので、全文を見ながら何を話しているのか目でおっていきながらリスニングをします。そして、段々慣れてきたら今度はその全文を見ないで耳だけで英語を聞いてみる事にしましょう。勿論、ある程度分かる程度ではなく、何回も繰り返し聞く事で、理解を深めて行きます。分からない単語があるけど、いいやではリスニングは上達しません。しっかりと全文理解出来るように繰り返して練習をしましょう。

ネイティブスピーカーの英語は、スピード感があります

日本人が英語を学ぶ時、ゆっくりと話しますが、ネイティブはそうではありません。

このネイティブが話す速度に慣れる事も大切です。勿論、最初はゆっくりとした英語をリスニングしたいでしょう。ですが、それに慣れてしまうとスピード感がある英語を聞いた時に、全く耳が慣れず英語を聞き取れない可能性があります。ですので、最初から、スピード感がある英語を聞くようにしましょう。

そして、ネイティブの発音にあるリズム感です。このリズム感も耳で慣れておく必要があります。実は日本人が英語を話す時、殆ど棒読みになってしまい、リズムがありません。ですが、ネイティブは英語を話す時、リズムがあり、最初聞くと聞き取りにくいですが、このリズム感を耳で慣らす事でリスニングも上達していきます。 リスニングは、最初は分からなくても毎日聞いていれば耳がなれ、自然と単語も頭に入ってきます。勿論、知らない単語は辞書で調べて意味を確認しておく事も必要になります。

英会話スクールについて

英会話とスクール

英会話ができるようになれば世界はもっと広がる
日本人が一番苦手とするリスニングの学習法
英語力をもっと身に付けたい方は留学しよう

やっぱりスクールに通おう