英会話スクールを利用して、英語を話す力を養いましょう。

英語が話せる、理解できるようになれば、世界はもっと広がりますよ!

英会話教室の先生になるには

英会話が話せると仕事の幅も広がりますよね。

勿論英語が話せる内容やレベルによっても就ける仕事も違ってきますが。

例えば、英語を人に教える事も出来ます。

特に女性の人などは、独身の時は英会話スクールなどで英語を教えて、結婚、そして出産後は自分の時間と調整しながら自宅で英語も教える事が出来ます。

結婚、出産などでも続けられる英会話講師、最近注目の仕事になっています。

勿論、英会話を教えるのも子供から大人まで幅広い年齢層に教える事も出来ます。では、英会話講師になるにはどのような人材、また必要な英語力はどれ位なのでしょうか。

まずは、英語が話せる話せない以前に講師に向いているかいないかが問題になります。講師と言うのは全く0な人に教えていかなければいけません。ですので、忍耐も必要になりまた出来ない生徒にはフォローも必要になってきます。人とコミュニュケーションが出来るか、また時間にも正確で健康であるかと言う事も大切になります。

そして、肝心な英語力ですが、殆どのスクールでは英検準1級、TOEIC850点以上と言われています。但しこれはあくまでも数値での事です。本人にやる気と実践力があれば採用される事もあります。

また、日常英会話レベルは話せて当たり前、勿論、ビジネス英語も出来た事にこした事はないでしょう。また、英語を話す上で日本語よりのアクセントをしている場合は生徒に教える際に良くありません。ネイティブよりのアクセントが必要になります。

また、留学経験があると更に良いでしょう。このように英会話講師になるには英語は話せて当たり前になっています。また、日々の努力も必要になります。新しい単語を学び、発音も練習を重ねなければいけません。

英会話教室の先生として働いた経験がなかった場合

英会話スクールの講師になれるのでしょうか。

実は、殆どの英会話スクールは英会話講師に対して数ヶ月毎に研修を行っています。ですので、経験がなくても英会話スクールの講師にはなれます。

やはり大事なのは、人間として講師に向いているかいないかです。生身の人に教えると言う事だからです。 最近では英会話スクールにも英会話講師育成コースがあり、講師になる為のレッスンがあります。

講師になりたいと思ったらそのレッスンに参加しても良いかもしれませんよね。英会話講師になれば、仕事の幅も広がります。英語を話せて、それを教える事が出来ればいつでも何処でも生徒がいれば英語を教える事が出来るのです。

⇒日本語教師の資格を取得できる学校

英会話スクールについて

英会話とスクール

英会話ができるようになれば世界はもっと広がる
日本人が一番苦手とするリスニングの学習法
英語力をもっと身に付けたい方は留学しよう

やっぱりスクールに通おう